17.トップページはメニュー形式にし、アンカーテキストにもキーワードを

Googleのインデックスクローラー対策としてトップページに文字を多めに入れたとしても、トップページからサイト内のほかのページへのリンクが少ない場合、Googleはあなたのサイトをしっかり見てくれないということがあります。
Googleにすべてのページをみてもらう可能性を高めるためにも、トップページのデザインはメニュー形式にして、主要なコーナーへリンクされるようにしてください。そしてメニュー項目にもキーワードを入れるようにするとGoogleのSEO対策上非常に効果があることが分かっています。
実際Yahoo!JAPANもトップページから主要コーナーへリンクできるような仕組みになっています。ぜひ参考にしてみてください。テキストリンク(クリックすると他のページにジャンプする下線付きのテキストのこと)を張る際も、ただ「ココをクリック!」としてリンクを張るのではなく、なるべくリンク先のページの内容を要約したキーワードを使った語句を入れてリンクするようにしてください。「効果のあったダイエット食品一覧はこちら」などのようにすると「ダイエット食品」というキーワードが含まれますのでGoogleSEO対策上有利になるのです。

前へ | トップへ | 次へ